地下水が出るまで|井戸を掘って自由に水を使おう|さく井工事業者をサーチする

井戸を掘って自由に水を使おう|さく井工事業者をサーチする

作業員

地下水が出るまで

男の人

地下水を利用するために井戸工事を行ないますが、まずは調査をする必要があります。業者によっては、豊富な実績を元に地下水の採算性があるのかどうかを出す業者もあります。地域で井戸工事を行なっている業者であれば、地域の地下水の情報をある程度収集していますので、本格的な掘削工事を行なわなくても、井戸水が出るか、それが使えるものなのかの計算をすることができるのです。それ以外には、井戸水の調査のためにボーリング調査をして、結果水が出ないとなったときは無料というサービスを行なっているところもありますそして掘削作業ですが、地盤によっては固いところも多いので、ボーリングマシンの中でもパワーの強いものが使われることになります。

井戸工事で掘削した後は、スクリーンを設置します。スクリーンとは地下水を流入させる仕組みをもっている管材のことです。この中を地下水が通っていくため、綺麗な水が提供できるのです。ボーリング調査は音や振動が出る工事なので、事前に近隣住民には挨拶を済ませ、なるべく早く掘削できるようにしていきます。スクリーンやケーシングといった管材を設置した後は、仮設のポンプを設置します。この段階で水質の調査を行ないますし、同時に水量が十分に出るのかを計算していくのです。ポンプの設置は手動式から電動式がありますが、電動式のポンプにはろ過装置などの水を正常な状態に保つための装置も突いていて、安心して飲むことができるようになっています。井戸工事の流れとしては簡単にいえば以上ですが、作業内容が気になるなら細かく材料の確認もできます。