井戸を掘って自由に水を使おう|さく井工事業者をサーチする

男女

井戸水の有効活用

メンズ

地下水が豊富な日本ですが、井戸が少なければそれを有効活用できているとはいえません。さく井工事によって井戸水を確保することは、水不足や地震によるライフラインの寸断の際に役に立ちます。

読んでみよう

地下水が出るまで

男の人

井戸工事の作業内容は、調査に始まり掘削作業、管材を設置した後に水量と水質調査、そしてポンプの設置が主な流れです。それぞれの作業で使う材質についても確認することができます。

読んでみよう

長く保つための工夫

水

良い井戸のためには良い工夫がされています。掘削の時間を減らすための工夫から、不良水が入り込まないようにする工夫まで、水を使い続けるために必要不可欠な作業なのです。

読んでみよう

自由に使える水

井戸

日本は水が豊富に使える場所といわれていますが、私達は普段水道から出る水しか使いませんし、しかも使った分だけお金を払っています。普段はそんな暮らしをしているため、水は満足に使えているとはいえ、自由に使えているという感覚はないのです。昔は井戸がどこの地域でもありました。そういった井戸は水道の普及のために姿を消しましたが、今でも井戸は掘ることができるのです。井戸を自分で作ることができれば、自由に水を使うことができます。この井戸を掘る作業のことをさく井といいますが、さく井工事は専門の業者に頼めばすぐに行なってくれます。もちろん、特別な処理を行なわなければ、井戸水をそのまま飲料水に使うことはできませんので、使用上の注意はしっかり聞いて守るようにしましょう。

さく井工事は個人でも頼むことができます。もし十分な地下水が敷地内にあるなら、自由に使うことができるのです。しかも自分でさく井工事をすることはなく、業者に頼めばあとは必要事項を確認して待つだけでいいのです。近隣への挨拶も業者がポストに挨拶文を入れて済ませてくれます。必要なのはお金を出すことですが、内訳は管材費、そして充填剤費と井戸内を洗うための洗浄費となります。機材運搬のためにも費用がかかってきますが、事前に見積で全て知ることができれば安心です。調査費も必要になる場合がありますが、業者によっては無料で対応しているところもあります。なぜなら、さく井工事をする際に調査をすると、そこには地下水がないということもよくあります。その際に費用をとらないで対応してくれるところなら安心して調査を依頼できるのです。